自動車部品関連事業

ラジエターキャップ

ラジエターキャップ

ラジエーターキャップは車にとって大切な部品であります。

一見小さな部品でありますが、重要な役割を担っています。
蓋のように見えますが、単なる蓋ではなく、キャップの裏側についている3つの役割を担っている弁によってラジエーターの圧力を正常に保ち、水温が上がっても冷却水が沸騰し気化するのを防ぎます。

ラジエターキャップ機能説明
加圧弁
冷却水の温度が上がると、ラジエーター内の圧力が上がり、冷却水の沸点も上がります。沸点が高くなると100度以上でも冷却効果を発揮します。そこで設定された圧力を超えると、加圧弁が開いて余分な冷却水をリザーバータンクに逃がす仕組みになっている加圧弁。
負圧弁
リザーバータンクに冷却水を逃がし、温度が下がることでラジエーター内の圧力も下がります。そのままラジエーターが負圧になってしまうと、逆にラジエーターが故障してしまうので、負圧になると負圧弁が開いて、リザーバータンクから冷却水を戻すことで圧力を調整する仕組みになっている負圧弁。
加圧弁
ラジエーターから冷却水が漏れないように密閉する密閉弁。
定期交換
ラジエーターキャップの内側についた汚れや錆びや付着物、シールの劣化、変形、破損などにより、動作が悪くなりオーバーヒートの可能性も出てきます。ラジエーター内を正常に保つために定期的な交換が必要になってきます。

LINE UP

ラジエターキャップの仕様、デザインなどは、さまざまな使用用途によって変更が可能です。
OEMをご希望される方は、お気軽にご相談ください。

  • S109
    S109
    88kpa | 0.9kgf/㎠
  • S209
    S209
    88kpa | 0.9kgf/㎠
  • S909
    S909
    88kpa | 0.9kgf/㎠
  • S211
    S211
    108kpa | 1.1kgf/㎠
  • S311
    S311
    108kpa | 1.1kgf/㎠

contact

お電話でのお問合せは、平日9時~18時での対応となります。

TEL 072-298-9371
FAX 072-298-9381
ページ上部へ